免疫学

片桐 晃子

免疫システムのダイナミズムは、免疫細胞が病原体の侵入を、どのように監視し、その情報を伝え、排除しているのかを理解する上で、最も重要な事象のひとつである。免疫システムは全身性の監視機構であることを理解し、生体防御がダイナミックな免疫細胞間の相互作用によってどのように制御されているのかを理解する。

1. リンパ球の接着カスケードの制御機構
2. 免疫細胞遊走の分子機序の解明
3. LFA-1活性化シグナル分子群の時空間的変化の解析

校了

生物科学専攻修士課程