生物物理学

米田 茂隆

生物物理学に関する理論的・実験的な研究手法を駆使、開発、応用して、その成果を博士論文にまとめる。

1.ウイルス外殻タンパク質の分子動力学シミュレーション
2.回転対称性境界条件の方法論開発
3.プロテオーム解析法の開発と応用

校了

生物科学専攻博士後期課程