細胞機能制御学

太田 安隆

細胞生物学に関する新しい成果及び知見を求め,高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ,その成果を博士論文にまとめる。

1. 動物細胞の接着、移動、極性形成の分子メカニズムの研究
2. アクチン系細胞骨格の制御機構の研究
3. 低分子量GTP結合タンパク質のシグナル伝達の研究

校了

生物科学専攻博士後期課程