免疫学

片桐 晃子

がんや病原微生物に対する免疫応答とその制御に関わるメカニズムに関する新たな知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘り下げ、その成果を博士論文にまとめる。

1. 免疫監視機構を制御する分子メカニズムの解明
2. 動態制御の免疫応答への影響
3. 動態制御の破綻と自己免疫疾患

校了

生物科学専攻博士後期課程