【基礎化学II】
(Chemistry Ⅱ)
[物理学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 犬井洋
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

基礎化学Iで習得した原子論を基に、物質の状態や反応に関する化学の基礎を習得する。

教育内容

気体、液体、固体に関する法則や酸塩基、酸化還元、有機反応の基礎的理論を理解する。

教育方法

基本的には教科書の内容に沿って進めるが、必要に応じて一部省略したり、教科書に記載されていない内容についても触れる。講義は板書により進め、関連する例題とその解答を提示することで理解の定着を図る。また、実験や映像を用いた講義を行う場合もある。講義の最後には必ず内容確認のための小テストを行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論、物質の三態

犬井

講義の目的と概要の説明、基本事項の確認、物質の三態

2回

気体(1)

犬井

圧力、絶対温度、ボイル・シャルルの法則

3回

気体(2)

犬井

理想気体、ドルトンの分圧の法則

4回

気体(3)

犬井

実在気体、ファン・デル・ワールス式

5回

気体(4)

犬井

分子間力、気体分子運動論

6回

液体と固体

犬井

蒸気圧と沸騰、結晶、相図

7回

溶液(1)

犬井

濃度、理想溶液と実在溶液、ラウールの法則

8回

溶液(2)

犬井

沸点上昇、凝固点降下、浸透と逆浸透

9回

酸と塩基(1)

犬井

定義、電離度、電離定数、オストワルトの希釈律、水のイオン積、pH

10回

酸と塩基(2)

犬井

中和反応、塩の加水分解、緩衝液、ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式

11回

酸化と還元(1)

犬井

定義、酸化数、酸化還元反応

12回

酸化と還元(2)

犬井

イオン化傾向、電池、電気分解、ネルンストの式

13回

有機化学(1)

犬井

分類と異性体、アルカン、アルケン、アルキンおよびハロゲン化アルキルの構造と基本反応様式

14回

有機化学(2)

犬井

芳香族化合物の反応と置換基効果

15回

まとめ

犬井

全体の確認と復習

 
到達目標

物質の状態や反応に関する化学の基礎を理解する。

評価基準

定期試験の結果によって評価する。なお、欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

復習を十分に行い、次の講義に臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 化学入門コース1 化学の基礎 竹内敬人 岩波書店 3,024円
参考書 (なし)