【統計学(物理系)】
(Statistics)
[物理学科 2群 選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[化学科 2群 選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 菅原洋子
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

科学的にデータの持つ意味を理解し取り扱うために不可欠な統計学の考え方と具体的解析方法、処理方法を学ぶ。

教育内容

記述統計、推測統計の基本的な内容とデータ解析へ応用。

教育方法

配布テキストに沿って講義をすすめる。基礎事項の解説の後、これと対応したデータ取り扱いに係る演習を随時行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

記述統計I:一次元データ

菅原

ヒストグラム、平均、分散、いろいろな分布

2回

記述統計II:二次元データ

菅原

2つの変数の記述統計、散布図、共分散、相関係数、最小二乗法との関係

3回

確率

菅原

確率、確率変数、ベイズ公式

4回

確率論

菅原

二項分布、正規分布

5回

推定とは

菅原

母比率の推定、信頼区間、信頼係数(信頼水準)

6回

検定とは

菅原

母比率の検定、有意水準、p値

7回

母平均の推定・検定

菅原

大表本の母平均の推定・検定

8回

母分散の推定・検定

菅原

正規乱数の分散の推定、カイ2乗分布

9回

母平均の推定・検定II

菅原

正規乱数の平均の推定、t分布、t値

10回

回帰分析

菅原

単回帰分析、t値、回帰直線の信頼区間、目的変数の信頼区間

11回

最尤法

菅原

最尤推定量の性質

12回

適合度検定

菅原

尤度比検定、カイ自乗検定

13回

独立性の検定

菅原

自由度

14回

ロジスティック回帰分析

菅原

質的変数の回帰分析、結合関数、最尤法、信頼区間

15回

まとめ

菅原

全体の確認と復習

 
到達目標

データ解析の基本的な考え方を習得し、実際のデータ解析の課題に応用できる力を身に付ける。

評価基準

評価は授業時間内に行う小テストと定期試験により総合評価する。

準備学習
(予習・復習)

講義で扱う範囲のテキストを予習し、扱うテーマをよく理解しておくこと。

その他

物理学科については、本講義と対応した内容について、オープンソース・フリーソフトウェアの統計解析向けプログラミング言語Rを用いた解析を行う「統計データ解析」(演習科目)が選択科目として用意されている。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 Rで学ぶデータ解析(配布する) 守真太郎
参考書 (なし)