【現代物理学Ⅰ】
(Modern Physics)
[物理学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 川﨑健夫
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

現代物理学への導入として、量子論・相対論・統計力学の基礎を習得する。

教育内容

古典力学の適用限界とそれに代わる量子力学、相対論、多体系を取り扱う統計力学の概要について解説し、その考え方を理解することを主題とする。

教育方法

板書を多用する講義をおこなうとともに、講義中に例題に取り組むことに理解を深める。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

特殊相対論I

川﨑

ドップラー効果、ローレンツ変換

2回

特殊相対論II

川﨑

局所時間、質量とエネルギー

3回

波動の粒子性

川﨑

光電効果、コンプトン効果     

4回

粒子の波動性

川﨑

ドブロイ波、不確定性原理

5回

原子構造I

川﨑

原子模型、ラザフォード散乱

6回

原子構造II

川﨑

ボーア原子、エネルギー順位とスペクトル

7回

初期量子論I

川﨑

波動関数、シュレディンガー方程式

8回

初期量子論II

川﨑

期待値、トンネル効果

9回

水素原子の量子論

川﨑

量子数、スピン

10回

多電子原子・分子

川﨑

排他原理、軌道角運動量

11回

固体・統計力学

川﨑

黒体輻射、量子統計、エネルギー帯

12回

原子核I

川﨑

陽子、中性子、殻模型

13回

原子核II

川﨑

核力、中間子論、放射性崩壊

14回

素粒子

川﨑

レプトン、ハドロン、クォーク

15回

まとめ

川﨑

全体の確認と復習

 
到達目標

これまで学習した古典力学の範囲を越えた、新しい物理の枠組みを理解する。

評価基準

講義中の小テスト50%、期末テスト50%の割合で評価する。

準備学習
(予習・復習)

講義内容に沿って課題を課し、小テストにより理解度を確認するので、必ず復習すること

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 現代物理学 原康夫 裳華房 2,100円
現代物理入門 阿部龍蔵 サイエンス社 1,850円