【生体機能学】
(Biological Functions)
[物理学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[化学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 向山恵津子
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

生体内の機能分子であるタンパク質の構造と機能について、分子レベルでの理解を深める。

教育内容

機能タンパク質の作用機構、特に酵素の反応機構について分子レベルで学習する。
タンパク質を取り扱う各種分析の原理とその利用を学習する。

教育方法

教科書や参考資料から抜粋した配布プリントに基づいて、パワーポイント、板書を用いて説明する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

イントロダクション

向山

種々の機能タンパク質と生命活動

2回

タンパク質(1)構造の基本

向山

タンパク質立体構造の要素、フォールディング、安定性

3回

タンパク質(2)立体構造

向山

タンパク質の立体構造と機能、ドメイン構造、リガンドとの相互作用

4回

タンパク質分析(1)基本事項

向山

タンパク質の分離・精製法

5回

タンパク質分析(2)同定法

向山

タンパク質同定の各種分析、プロテオーム解析、質量分析によるアミノ酸配列同定

6回

タンパク質分析(3)応用分析

向山

微量タンパク質の検出と分子生物学の応用

7回

タンパク質分析(4)研究への応用

向山

最新論文データを用いた各種分析の理解

8回

機能タンパク質の構造

向山

重合するタンパク質の構造と重合過程、重合制御

9回

酵素(1)酵素の特性

向山

酵素の特性とデータベース利用

10回

酵素(2)反応速度論

向山

酵素反応速度論と阻害様式

11回

酵素反応の分子機構(1)基質結合

向山

基質結合部位の構造と基質特異性

12回

酵素反応の分子機構(2)活性部位

向山

活性部位の構造と触媒基の特性

13回

酵素反応の分子機構(3)反応機構詳細

向山

酵素反応の分子機構とその制御

14回

リン酸化酵素と生命活動

向山

リン酸化酵素と脱リン酸化酵素の構造と活性制御

15回

まとめ

向山

全体の確認と復習

 
到達目標

タンパク質の構造機能相関について、分子レベルで思考できる能力を身につける。タンパク質の各種分析や酵素反応機構の解析について、原理を理解し、研究ツールとして応用できることを目指す。

評価基準

定期試験、演習、レポートの結果を総合して評価する。欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

各回の講義内容について教科書の該当項目を予習して臨む。講義内容の理解を確認するため講義後半に演習を行い、各自の復習とする。インターネット利用や計算演習などは、レポートにより復習する。
教科書と同じ図をページを示してプリント配布し講義するので、主な項目は教科書を使って復習可能である。
最新論文資料を用いた講義では、論文を読むことにより発展的学習効果が期待できる。

その他

教科書の図をプリント配布するので、教科書を毎回持参する必要はない。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 細胞の分子生物学 第5版 Bruce Alberts他 中村桂子・松原謙一監訳 ニュートンプレス 24,084円
参考書 ホートン 生化学 第5版 Horton 他 鈴木紘一 他監訳 東京化学同人 7,344円
ヴォート 生化学(上下) 第4版 Voet  田宮信雄 他訳 東京化学同人 各7,344円
細胞の分子生物学 第6版 Bruce Alberts他 中村桂子・松原謙一監訳 ニュートンプレス 24,084円