【基礎生物学II】
(Biology Ⅱ)
[化学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 木村透 片桐晃子
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

生物への興味と生命現象の諸知識を理解する。

教育内容

分子発生学および免疫学についてわかりやすく解説する。

教育方法

プロジェクターを利用して講義する。講義内容の印刷物を毎回配付する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

発生学の基礎

木村

イントロダクション

2回

発生学とその医療への応用

木村

初期化と再生医療について学ぶ。

3回

幹細胞と発生(1)

木村

幹細胞システムについて学ぶ。

4回

幹細胞と発生(2)

木村

幹細胞からの分化について学ぶ。

5回

動物のかたちづくり(1)

木村

シュペーマンのオーガナイザーについて学ぶ。

6回

動物のかたちづくり(2)

木村

ショウジョウバエのボディプランについて学ぶ。

7回

次世代をつくる精子と卵

木村

生殖細胞の発生と初期化について学ぶ。

8回

遺伝子と癌

片桐

遺伝子の本体はDNAでそのの配列に変化が生じると癌になることを学ぶ。

9回

免疫システム

片桐

免疫細胞とは何か、体のどこに存在するのか、病原体をどのように撃退すのかなど基本的な免疫現象を学ぶ。

10回

細胞死

片桐

細胞死は、多細胞生物体である生命体にとって、分化・増殖と同様に基本的な機能であることを学ぶ。

11回

シグナル伝達

片桐

外界からの情報を細胞はどのように受容するのか、基本的な概念を学ぶ。

12回

シグナル伝達分子

片桐

主な細胞内でのシグナル伝達を担う主な分子群について学ぶ。

13回

発癌の機構

片桐

癌を起こす遺伝子、癌を抑制する遺伝子と、その発癌への関与を学ぶ。

14回

アレルギー

片桐

花粉症や気管支ぜんそくなどの原因である即時型アレルギーの発症機構や近年増加した理由を学ぶ。

15回

まとめ

片桐・木村

全体の確認と復習

 
到達目標

生命現象について論理的に考察し説明ができる。

評価基準

定期試験により評価する。

準備学習
(予習・復習)

配付するプリントに、さらに自宅で学習するべき文献や教科書などを記載する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 生物学 石川統 編 東京化学同人 2,520円
参考書 (なし)