【科学英語II】
(Science Reading in English Ⅱ)
[化学科 2群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:1単位 単位認定者: 土屋敬広 吉田純
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 演習  週1コマ
 
授業の目的

科学をはじめ、あらゆる分野において最新の情報を活用するためには、共通語である英語のリソースからの情報吸収が不可欠である。これまでの学習で得られた英語力を足がかりに、英語の教科書ではない一般の科学文書を読むことで、英語からの情報吸収の抵抗をなくすことを目標とする。

教育内容

一般向けの化学の教書"Chemistry for Dummies"を講読し、化学の専門用語に触れながら科学英語のスタイルに慣れる。内容を正確に理解できる力や内容についての科学的な記述を理解できる力を養う。

教育方法

テキストを中心に英文和訳、プリントを併用する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

Part III

土屋・吉田

Chapter 12-1 Quantum Theory

2回

Part III

土屋・吉田

Chapter 12-2 Grasping Bohr’s Atomic Model

3回

Part III

土屋・吉田

Chapter 12-3 Understanding the Quantum Mechanical Model

4回

Part III

土屋・吉田

Chapter 13-1 Ionic Bonding

5回

Part III

土屋・吉田

Chapter 13-2 Cations and Anions

6回

Part III

土屋・吉田

Chapter 13-3 Naming Ionic Compounds

7回

中間試験

土屋・吉田

Part III部分の中間試験

8回

Part IV

土屋・吉田

Chapter 18-1 Air Pollution

9回

Part IV

土屋・吉田

Chapter 18-2 Comprehending the Greenhouse Effect

10回

Part IV

土屋・吉田

Chapter 18-3 Acid Rain

11回

Part IV

土屋・吉田

Chapter 19-1 Examining the Ions and Outs of Water Pollution

12回

Part IV

土屋・吉田

Chapter 19-2 A Most Unusual Substance

13回

Part IV

土屋・吉田

Chapter 19-3 Identifying Some Common Water Pollutants

14回

Part IV

土屋・吉田

Chapter 19-4 Getting the Stink out of Wastewater

15回

まとめ

土屋・吉田

全体の確認と復習

 
到達目標

典型的な科学英語を理解できるようにする。英文に即して内容を正確に理解できること、内容についての科学的な議論が理解できることを目標とする。

評価基準

中間試験と期末試験(授業中に行う演習を含む)により評価する。出席状況に応じて減点する場合がある。

準備学習
(予習・復習)

テキストの英文を講義までに自分の力で和訳し、予習しておくこと。特に、英文を何度も読んで慣れ親しんでおくことが必要。

その他

理学部が実施するTOEIC IP Testを受験すること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 Chemistry for Dummies (2nd Ed.) John T. Moore, EdD Wiley Publishing, Inc. 約2,500円
参考書 化学・英和用語集(第3版) 橋爪、原 編 化学同人 2,160円