【有機化学II】
(Organic ChemistryⅡ)
[化学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 真崎康博
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

有機化学Iに引き続き、官能基を有する有機化合物の構造、性質、合成法、反応を学ぶことにより、有機化学の全体像をより正確に把握できるようにする。有機化合物の様々な性質、反応性を合理的に理解するための、考え方の基本原理を習得する。

教育内容

様々な官能基を有する有機化合物の性質、合成法、反応性を体系的に(各論的な解説に陥ることなく)学ぶ。

教育方法

基本的に指定した教科書にそって解説を進め、必要に応じて資料を配付する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

置換反応と脱離反応1

真崎

ルイス酸とルイス塩基、求核性と求電子性、ハロゲン化アルキルの反応

2回

置換反応と脱離反応2

真崎

一分子求核置換反応(SN1反応)と二分子求核置換反応(SN2反応)の機構と立体化学、ウィリアムソンのエーテル合成

3回

置換反応と脱離反応3

真崎

一分子脱離反応(E1反応)と二分子脱離反応(E2反応)の機構と立体化学、ザイツェフ脱離とホフマン脱離

4回

置換反応と脱離反応4

真崎

置換反応と脱離反応の合成への応用

5回

アルケンへの付加反応1-1

真崎

ハロゲン化水素の付加反応、付加反応の位置選択性、
共鳴とカルボカチオンの安定性

6回

アルケンへの付加反応1-2

真崎

アルケンの二量化、多量化反応、ヒドリド転位およびワグナーメーヤワイン転位

7回

アルケンへの付加反応1-3

真崎

ヒドロホウ素化とそれを用いる合成

8回

アルケンへの付加反応2-1

真崎

ハロゲンの付加反応、水素付加反応、オキシ水銀化、オキシランとシクロプロパンの合成

9回

アルケンへの付加反応2-2

真崎

オゾン分解、カルボニル化合物の合成

10回

アルケンへの付加反応2-3

真崎

アルケン・アルキンへの種々の付加反応

11回

ラジカル反応

真崎

ラジカルの生成と構造、ラジカルの付加反応、光ハロゲン化

12回

ジエン類およびアリル化合物1

真崎

共役ジエン類の特徴、紫外可視吸収スペクトル

13回

ジエン類およびアリル化合物2

真崎

共役ジエン類の反応性、Diels-Alder反応

14回

共役と芳香族性1

真崎

ベンゼンと芳香族性

15回

共役と芳香族性2

真崎

様々な芳香族化合物

 
到達目標

様々な官能基の特徴を理解し、それが母体分子に及ぼす影響(構造、反応性として)を把握できるようになる。共役系化合物、芳香族化合物の特性を理解できるようになる。

評価基準

期末試験(100 %)により評価する。出席状況に応じて減点する場合がある。

準備学習
(予習・復習)

指定した教科書にそって進めるため、事前に該当箇所を読むなどして予習すること。また、復習として各章中の問題および追加問題を解くことを勧める。

その他

参考書としてあげた問題集などを使い、繰り返し問題を解き、コツをつかむことを勧める。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ジョーンズ有機化学第5版、上・下 Maitrand Jones, Jr., S.A. Fleming 東京化学同人 各7,020円
参考書 有機化学演習 山本 学、伊与田正彦、豊田慎司 東京化学同人 4,104円