【卒業研究】
(Research Work Practice required for BS degree)
[化学科 3群 必修 科目(配当年次: 第4学年 ) ]
 
単  位:8単位 単位認定者: 石川春樹 丑田公規 真崎康博 弓削秀隆
授業期間: 通年  240コマ 科目分担者: 松沢英世 石田斉 土屋敬広 梶山和政 寺林隆志 南英之 犬井洋 長谷川真士 吉田純 笠原康利 前山拓哉 神谷昌宏 内山洋介 上田将史
授業形態: 実習 
 
授業の目的

「研究とは何か」を具体的実践によって会得する。研究を通じて、自然現象を分子論的見地から考察することが出来るようにする。

教育内容

与えられた研究テーマに従って、教員の指導のもとに研究を行う。研究成果を卒業論文としてまとめ、卒業研究報告会で発表する。

教育方法

研究室に所属し、教員の指導のもとに研究を遂行する。定期的に研究経過報告、討論、文献紹介等を行う。研究の中間報告(通常10月)、最終報告(2月)をすることで、研究の取りまとめと発表を行い、最終的には卒業論文を作成、提出する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回 〜8回

卒業研究テーマの決定と準備

担当教員

テーマの決定と調査、研究準備等

9回 〜120回

卒業研究の実施

担当教員

教員の指導のもとに研究を行う。この間定期的に研究経過を発表・討論したり関連する論文を講読、紹介する。

121回 〜125回

卒業研究中間発表会

担当教員

開始からそれまでの成果を取りまとめ、中間発表を行う。

125回 〜200回

卒業研究の実施

担当教員

教員の指導のもとに研究を行う。定期的に研究経過を発表・討論したり関連する論文を講読、紹介する。卒業論文の作成にはいる。

201回 〜205回

卒業研究発表会

担当教員

卒業研究の成果をまとめ、最終発表を行う。

206回 〜240回

卒業論文作成

担当教員

卒業論文を完成させ、提出する。

 
到達目標

実験を計画・実行し、結果を解析・発表する能力を身につける。

評価基準

研究計画と実施状況、態度、発表能力、卒業論文により総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

与えられたテーマに関連して下調べを十分に行い、計画を立てて研究を進めるよう心がけること。

その他

研究は、常に指導教員と密にコミュニケーションを取り、その指導に従って遂行すること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)