【放射化学】
(Radiochemistry)
[化学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[生物科学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 大浦泰嗣
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

放射線や放射性物質について正確な基礎知識を修得し、それらが関わる現象や利用について科学的に判断できる能力を身につけること。

教育内容

放射化学の基礎から応用まで広い範囲にわたって講義する。

教育方法

主として講義によるが、質問なども併用する。原則として、講義の前に小テストを行い、理解度や思考課程などのチェックを行う。また、適宜プリントなどを配布し、内容の補足やトピックスなどについて補足説明を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

ガイダンス・RIの国内流通

大浦

国内でのRI 取扱量,元素発見史

2回

原子核のなりたちと壊変現象

大浦

原子核のなりたちと安定性

3回

原子核のなりたちと壊変現象

大浦

原子核の壊変現象I(α壊変,β壊変)

4回

原子核のなりたちと壊変現象

大浦

原子核の壊変現象II(γ壊変,壊変図式)

5回

原子核のなりたちと壊変現象

大浦

放射能と平衡

6回

原子核のなりたちと壊変現象

大浦

天然の放射性核種

7回

原子核現象と化学状態

大浦

メスバウアー分光

8回

放射線と物質

大浦

放射線の特性と物質との相互作用I(α線,β線)

9回

放射線と物質

大浦

放射線の特性と物質との相互作用II(γ線,中性子)

10回

放射線の測定

大浦

電離箱,計数管

11回

放射線の測定

大浦

半導体検出器,シンチレーション検出器

12回

原子核反応と放射性同位体

大浦

核反応と核分裂

13回

原子核反応と放射性同位体

大浦

加速器および中性子源

14回

原子核反応と放射性同位体

大浦

人工放射性元素

15回

放射能現象の応用

大浦

理工学・ライフサイエンスにおける応用

 
到達目標

放射線・放射性物質に関する基礎的な知識を修得し、放射線や原子力の利用などについて科学的な判断ができる能力を養う。

評価基準

定期試験(85%)+講義前に毎回行う小テスト(15%)

準備学習
(予習・復習)

教科書に沿って講義を行うので、事前に予習しておくこと。また、講義の初めに前回内容に関する小テストを行う。

その他

“放射能と放射線の違い”がわかるようになります。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 放射化学概論[第3版] 富永健・佐野博敏 東京大学出版会 3,000円
参考書 現代放射化学 海老原充 化学同人 3,000円
5版 やさしい放射線とアイソトープ 日本アイソトープ協会編 丸善 1,400円