【微生物化学】
(Chemical Aspects of Microbiology)
[化学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[生物科学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 塩見和朗
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 松本厚子
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

微生物の生態や構造、微生物代謝産物である抗生物質の化学構造、作用、生合成、耐性機構やその探索方法について学ぶ。

教育内容

微生物とその代謝産物の講義であり、応用微生物学、天然物化学、化学療法学の領域を学ぶ。

教育方法

パワーポイントを中心に講義する。主要な図はプリントとして配布する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

感染症と抗生物質 1

塩見

抗生物質の発見と抗細菌抗生物質

2回

感染症と抗生物質 2

塩見

抗細菌抗生物質の構造と作用機序

3回

微生物の発見

松本

微生物の発見から応用までの概要

4回

抗生物質の薬剤耐性 1

塩見

細菌の薬剤耐性とその対策

5回

環境微生物と発酵

松本

環境中の微生物とその利用

6回

抗生物質の薬剤耐性 2

塩見

細菌の薬剤耐性と新薬の研究

7回

抗生物質の探索

松本

微生物の代謝産物を用いた抗生物質の探索例

8回

天然化合物と薬

塩見

さまざまな天然化合物から作られる薬

9回

微生物の多様性

松本

微生物の生態、構造、機能、進化と分類

10回

癌の治療薬

塩見

制癌抗生物質

11回

微生物機能の多様性

松本

微生物機能の多様性とその応用

12回

免疫抑制剤・薬の生産工場としての微生物

塩見

免疫抑制作用を持つ抗生物質・抗生物質の生合成

13回

虫に効く抗生物質 1

塩見

殺虫抗生物質

14回

難培養微生物の探索

松本

難培養微生物の探索とその有用性

15回

虫に効く抗生物質 2

塩見

抗寄生虫抗生物質

 
到達目標

微生物機能の多様性を理解し、代表的な抗生物質の種類・活性ならびに選択毒性について説明できる。

評価基準

評価は毎回のレポートで判定する。なお欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

毎回、主要な図はプリントとして配布するので、復習に役立てて次回の授業に備える。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 化学療法学−病原微生物・がんと戦う− 上野芳夫・大村 智 監修 南江堂 5,940円