【基礎化学I】
(Chemistry Ⅰ)
[生物科学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 梶山和政
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

化学の基礎的な知識を習得し、生命現象を分子レベルで理解するための礎をつくる。

教育内容

原子論、化学結合、化学反応式の基礎的事項について解説し、問題演習により理解を深める。

教育方法

黒板を主に使用して、教科書の内容に沿って進行する。適宜プリントや演習問題の解説を行い、小テストによる問題演習で実力を養成する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

元素

梶山

元素に関する基本的事項と必須元素について解説する。

2回

物質

梶山

物質の分類(純物質、混合物)と物質の構成要素(原子、分子)について解説する。

3回

原子量・化学式量(1)

梶山

アボガドロ数、モル、原子量について解説し、問題演習を行う。

4回

原子量・化学式量(2)

梶山

モル、化学式量、分子量についての問題演習を行う。

5回

原子(1)

梶山

原子を構成する電子、陽子、中性子について解説する。

6回

原子(2)

梶山

原子番号、質量数、同位体を理解する。

7回

電子配置

梶山

ボーア原子、エネルギー準位、量子力学的原子模型について解説する。

8回

周期表

梶山

周期表について解説する。また、原子半径、イオン化エネルギー、電子親和力、電気陰性度の周期的傾向を理解する。

9回

化学結合(1)

梶山

ルイス式について解説し、共有結合、配位結合、イオン結合を理解する。

10回

化学結合(2)

梶山

酸化数、共鳴、形式電荷を理解する。また、分子軌道について解説する。

11回

分子の構造(1)

梶山

分子の形、原子価殻電子対反発理論について解説する。

12回

分子の構造(2)

梶山

極性、水素結合について解説する。

13回

化学反応式

梶山

化学反応式を記述し、質量保存の法則を理解する。

14回

化学量論(1)

梶山

反応物と生成物の量に関する問題演習を行う。

15回

化学量論(2)

梶山

収率に関する問題演習を行う。

 
到達目標

原子論および化学結合について理解し、分子の構造や性質を考察する力を身につける。化学量論を習得する。

評価基準

小テストと定期試験により総合的に評価する。なお、欠席、遅刻、早退は減点する。

準備学習
(予習・復習)

教科書を読んで予習しておくこと。講義時間内に、前回の講義内容に関する小テストを行うので、復習しておくこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 化学(基本の考え方を中心に) 石倉洋子、石倉久之 訳 東京化学同人 3,078円
参考書 (なし)