【現代化学I】
(Modern Chemistry Ⅰ)
[生物科学科 2群 選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 寺林隆志
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

生命化学を理解する上で必要な原子、分子ならびに生体にかかわる物質に関する基本的性質を学習し、化学の基礎をしっかりと身に付けることを目標とする。

教育内容

物質を構成する原子と分子の基本的な概念ならびに生体を構成する有機化合物の基本的な構造と機能について講義する。

教育方法

パワーポイントを利用して講義を進行する。各画面のプリントを配布するので、余白に必要事項を記入して講義ノートを作成する。毎回の講義の最後に、その日の重要項目が理解されているかどうかを演習として出題し、書かせる。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

イントロダクション

寺林

講義の概要、各項目のアウトライン

2回

原子と分子の世界⑴

寺林

原子の構造、原子の電気陰性度、分極

3回

原子と分子の世界⑵

寺林

化学結合、分子間力

4回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑴

寺林

有機化合物の種類、官能基の種類

5回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑵

寺林

アルカン、シクロアルカン、アルケン

6回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑶

寺林

アルケンの反応、ジエンとポリエン、アルキン

7回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑷

寺林

芳香族炭化水素、ベンゼンの構造と芳香性、ベンゼンの反応

8回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑸

寺林

ベンゼン中の置換基の配向性ならびに求電子置換反応に対する影響

9回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑹

寺林

ハロゲン化物、求核置換反応

10回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑺

寺林

アルコール、チオール、アルコールの反応、フェノール

11回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑻

寺林

エーテル、カルボニル化合物、カルボニル化合物の反応

12回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑼

寺林

カルボン酸およびその誘導体、カルボン酸の性質、カルボン酸の反応

13回

有機化合物 生命へと進化した低分子炭素化合物⑽

寺林

アミン、アミンの塩基性、アミンの反応

14回

有機化合物 構造と機能(1)

寺林

立体化学 立体異性体 立体配置の表示法 立体配座等 

15回

まとめ    

寺林

全体の確認と復習       

 
到達目標

化学の基礎ならびに生命化学に関する化学的過程ならびに化合物について理解する。

評価基準

期末試験、レポートおよび小テストの結果を総合して評価する。

準備学習
(予習・復習)

指定している教科書におおむね沿って講義を行うので、事前に該当する項目を予習してくること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ライフサイエンス系の化学 三浦敏明他 三共出版 2,808円
参考書 (なし)