【卒業研究】
(Research Work Practice required for BS degree)
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第4学年 ) ]
 
単  位:8単位 単位認定者: 高松信彦 木村透 太田安隆 片桐晃子
授業期間: 通年  240コマ 科目分担者: 伊藤道彦 関田洋一 向山恵津子 錦見昭彦 田村啓 渡邉大介 滝本博明 塚本大輔 内山孝司 斉藤康二 堤弘次 石原沙耶花
授業形態: 実習 
 
授業の目的

3年次までの講義・実習を基に,各講座において教員の指導のもと,研究課題を設定して,研究を遂行し,研究方法や研究の進め方を学ぶ。

教育内容

各講座において,個人あるいはグループで設定した課題について教員の指導のもとに研究を進める。研究成果を抄録にまとめ,卒業研究発表会で口頭発表する。

教育方法

所属講座の教員の指導のもと,研究課題ごとに個人または少人数のグループを編成して研究を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

卒業研究

高松、木村、太田、片桐、伊藤、関田、錦見、田村、渡邉、向山、滝本、塚本、内山、斉藤、堤、石原

各講座の教員の指導のもと,卒業研究課題を設定し,研究を遂行する。

卒業論文の作成

高松、木村、太田、片桐、伊藤、関田、錦見、田村、渡邉、向山、滝本、塚本、内山、斉藤、堤、石原

研究成果を抄録にまとめる。

卒業研究発表会

高松、木村、太田、片桐、伊藤、関田、錦見、田村、渡邉、向山、滝本、塚本、内山、斉藤、堤、石原

学科全体の卒業研究発表会(2日間)で研究成果を口頭発表し,質疑応答を行う。

 
到達目標

実験を計画・実行し,結果を解析・発表する能力を身につける。

評価基準

卒業論文,卒業研究発表,日頃の研究状況,研究室内の共同作業などへの取り組みなどにより総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

研究結果をまとめ,研究内容の理解に努めるとともに,研究の進展に合わせて,研究に必要な文献を読む。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)