【生物科学特別講義I】
(Advanced Lecture on Bioscience Ⅰ)
[生物科学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 太田安隆
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  集中
 
授業の目的

生命医科学研究の基礎を理解する。

教育内容

細胞生物学や分子生物学が生命医科学研究にどのように関わっているか概説し,アルツハイマー病やがんの原因、診断,治療、それに抗腫瘍薬、抗菌薬の開発などを例に挙げながら生命医科学研究の現状を概説する。

教育方法

学生の理解を深めるため、講義内容を図示したプリントを配布し、パワーポイントによる講義を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

生命医科学研究の現状(1)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

2回

生命医科学研究の現状(2)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

3回

生命医科学研究の現状(3)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

4回

生命医科学研究の現状(4)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

5回

生命医科学研究の現状(5)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

6回

生命医科学研究の現状(6)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

7回

生命医科学研究の現状(7)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

8回

生命医科学研究の現状(8)

外部講師

生命医科学研究の現状について概説する。

9回

抗腫瘍薬(1)

外部講師

抗腫瘍薬の薬物動態について概説する

10回

抗腫瘍薬(2)

外部講師

抗腫瘍薬の薬物動態について概説する

11回

抗菌薬(1)

外部講師

抗菌薬の薬物動態について概説する

12回

抗菌薬(2)

外部講師

抗菌薬の薬物動態について概説する

13回

アルツハイマー病の分子生物学と治療戦略(1)

外部講師

アルツハイマー病の分子病理について最新の知見を概説する

14回

アルツハイマー病の分子生物学と治療戦略(2)

外部講師

アルツハイマー病の分子病理について最新の知見を概説する

15回

アルツハイマー病の分子生物学と治療戦略(3)

外部講師

アルツハイマー病の治療について最新の知見を概説する

 
到達目標

現代生命医科学に対する興味と理解を深め、将来の研究へのステップとする。

評価基準

評価はレポート、試験の総合評価とする。なお、欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

配布プリント等を参考にして前の授業を理解し、次回の授業に備える。

その他

講義内容の詳細は、科目担当者が後日掲示で知らせる。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)