【ゲノム発生学】
(Developmental Genomics)
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 関田洋一
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

ゲノムが、生命の設計図といわれるのはなぜなのか?この理由を答えられるよう、個体発生や疾患といった生命現象に、ゲノムがどのように関与しているのか理解する。また、ゲノム機能の制御機構をエピジェネティクスの観点から学ぶ。

教育内容

ゲノム科学の観点から、個体発生や疾患などの生命現象を捉える。

教育方法

パワーポイントを使った講義を中心とし、毎回プリントを配布する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

イントロダクション

関田

発生生物学とゲノム科学

2回

ゲノム科学(1)

関田

ゲノム恒常性の維持機構

3回

ゲノム科学(2)

関田

ゲノム機能

4回

発生におけるゲノム機能(1)

関田

哺乳類の初期発生

5回

発生におけるゲノム機能(2)

関田

哺乳類の生殖細胞の発生

6回

エピジェネティクス(1)

関田

エピジェネティクス概説、DNAメチル化

7回

エピジェネティクス(2)

関田

ヒストン修飾

8回

エピジェネティクス(3)

関田

機能性RNA

9回

前半のまとめ

関田

前半の確認と復習

10回

発生とエピゲノム(1)

関田

ゲノムインプリンティング

11回

発生とエピゲノム(2)

関田

エピゲノム異常と発生異常

12回

発生とエピゲノム(3)

関田

環境因子が引き起こす発生異常

13回

疾患とエピゲノム

関田

がん、代謝異常、神経疾患

14回

ゲノム解析技術

関田

次世代シーケンシング、エピジェネティクス解析技術

15回

まとめ

関田

全体の確認と復習

 
到達目標

あらゆる生命科学研究において、ゲノム解析は必ず行われる。それを行うための基礎知識を習得し、解析技術の基本原理を理解する。
究極の個人情報と言われるゲノム情報が、社会に与える影響を議論するための基礎知識を身につける。

評価基準

定期試験の成績により判断する。

準備学習
(予習・復習)

教科書と配布資料で予習と復習を行う。本講義と同時期に行なう、分子発生学実験IIに関する内容を含んでいるので、実習と関連づけながら、理解を深める。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ギルバート発生生物学 第10版 Scott F. Gilbert メディカル・サイエンス・インターナショナル 10,000
参考書 エピジェネティクスキーワード事典 牛島俊和,眞貝洋一 羊土社 6,600