【有機化学II】
(Organic ChemistryⅡ)
[生物科学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 土屋敬広
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

前期の有機化学Iに引き続き、多官能性有機分子について学習した上で、生命現象に直接関係する分子を取り扱うことにより、生命現象を分子の科学としてとらえる素養を身につける。

教育内容

シクロアルカン、アルケン、アルキン、芳香族および含ハロゲン化合物の命名法、構造、性質、合成、反応について、立体化学も含めて解説した後、有機合成化学の基礎を解説し、生体関連物質の構造、生体内での役割(反応、機能)について理解出来るようにする。

教育方法

板書を中心とし、プリントも併用する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

シクロアルカン1

土屋

シクロアルカンの立体構造

2回

シクロアルカン2

土屋

置換シクロアルカンの立体異性体

3回

アルケン

土屋

アルケンの生成

4回

アルケン

土屋

アルケンの反応

5回

アルキン

土屋

アルキンの生成と反応

6回

芳香族化合物1

土屋

芳香族性と求電子芳香族置換反応

7回

芳香族化合物2

土屋

ベンゼン環への置換基効果

8回

芳香族化合物3

土屋

多置換ベンゼンの合成

9回

前半のまとめ

土屋

講義1-8回のまとめ

10回

鏡像異性体1

土屋

光学活性体とその表記法

11回

鏡像異性体2

土屋

光学分割と不斉合成

12回

ハロゲン化合物1

土屋

ハロゲン化合物の合成

13回

ハロゲン化合物2

土屋

ハロゲン化合物の反応:置換反応

14回

ハロゲン化合物3

土屋

ハロゲン化合物の反応:脱離反応

15回

まとめ

土屋

全体の確認と復習

 
到達目標

さまざまな多官能性分子の立体構造、反応性の基本を理解することにより、複雑な生体関連物質の一般的性質が予測でき、生命現象を分子論的に考察する素養を身につける。

評価基準

筆記試験(中間・期末)の結果を総合し評価する。授業と授業内演習への積極的参加は加点対象とする。出席状況に応じて減点する場合がある。

準備学習
(予習・復習)

配布プリントに沿って講義を行うので、事前に該当する項目を読むなどして予習すること。

その他

有機化学I(前期・土屋)を選択・履修していることが望ましい。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 プリントを配布する
参考書 フレッシュマン有機化学 小林啓二 裳華房 3,024円