【物理計測・エレクトロニクス】
(Electronics for Chemical Instrumentations and Measurements)
[物理学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[化学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 吉國裕三
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

科学の領域においてさまざまの計測機器の基礎となっているエレクトロニクス技術を理解する。

教育内容

物質の種々の性質がどのような方法で検出され、それが電気信号に変換されるか。電気的測定入門、アナログとデジタル、化学への応用。

教育方法

講義を中心として、必要に応じて演習・小テスト等を実施する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

測定の基本概念

吉國 裕三

物理計測に用いられるさまざまセンサーについて学ぶ。

2回

電気的な測定入門

吉國 裕三

電気的な測定の原理や注意点について学ぶ。

3回

汎用機器の使い方

吉國 裕三

主な汎用測定器について解説する。

4回 〜5回

回路素子の電気的性質と基本的な回路

吉國 裕三

抵抗、コンデンサ、コイルの構造およびそのインピーダンスについて学ぶ。

6回 〜7回

アナログ回路の基礎

吉國 裕三

直流回路と交流回路について学ぶ。

8回 〜9回

演算増幅器の基礎

吉國 裕三

オペアンプの特性。オペアンプを用いたアナログ回路について学習する。

10回 〜11回

信号の変換

吉國 裕三

AD変換、DA変換について学習する。

12回 〜13回

デジタル回路

吉國 裕三

デジタルICとデジタル演算について学習する。

14回

半導体電子デバイスの基礎

吉國 裕三

トランジスタの原理・半導体集積素子の概要について学習する。

15回

まとめ

吉國 裕三

全体の確認と復習

 
到達目標

計測機器を適切に扱い、信頼できる測定データを得るための基礎的知識を身に付ける。

評価基準

小テスト、期末テストにより総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

授業のホームページに掲載した資料を事前にチェックする。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 なっとくする電子回路 藤井信生 講談社 2,835円
参考書 (なし)