【生物化学II】
(Biochemistry Ⅱ)
[物理学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[化学科 3群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 寺林隆志
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

生物は体内で進行している化学的諸反応によって生命を維持していることを理解する。

教育内容

主に糖代謝について講義し、エネルギー獲得の機構を述べる。生物化学Iを受講していることを前提として、講義を進める。

教育方法

パワーポイントを利用して講義を進行する。各画面のプリントを配布するので、余白に必要事項を記入して講義ノートを作成する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

イントロダクション

寺林

生命活動とエネルギー

2回

代謝 序論(1)

寺林

代謝とは

3回

代謝 序論(2)

寺林

代謝の有機反応、リン酸化合物の熱力学、酸化還元反応

4回

解糖(1)

寺林

解糖経路

5回

解糖(2)

寺林

解糖の調節機構

6回

解糖(3)

寺林

ピルビン酸と発酵、その他のヘキソースの代謝

7回

糖新生

寺林

反応と調節機構

8回

ペントースリン酸経路

寺林

反応と調節機構

9回

グリコーゲン代謝(1)

寺林

グリコーゲンの合成と分解

10回

グリコーゲン代謝(2)

寺林

グリコーゲンの代謝調節

11回

クエン酸回路(1)

寺林

クエン酸回路の各反応

12回

クエン酸回路(2)

寺林

クエン酸回路の調節、グリオキシル酸回路

13回

電子伝達系とATP合成(1)

寺林

ミトコンドリアと電子伝達

14回

電子伝達系とATP合成(2)

寺林

酸化的リン酸化 酸素 細胞機能 酸化ストレス

15回

まとめ

寺林

全体の確認と復習

 
到達目標

代謝の諸反応について理解し、生命がどのような化学反応によって維持されているかを把握する

評価基準

期末試験、レポートおよび小テストの結果を総合して評価する。

準備学習
(予習・復習)

予習として教科書を読んで講義に臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 生化学(第5版) ホートン 東京化学同人 7,344円
参考書 生化学(上下)(第3版) ヴォート 東京化学同人 各7,236円