【基礎情報科学演習】
(Exercises in Introductory Information Sciences)
[化学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[生物科学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 神谷健秀
授業期間: 前期  17コマ 科目分担者:
授業形態: 演習  集中
 
授業の目的

自然科学におけるコンピュータ利用の実際について学ぶこと。実際の問題解決のため、簡単なプログラムを作成できるようになること。

教育内容

自然科学におけるコンピュータ利用の実際について最新のコンピュータを用いた実習により学習する。単に操作法の習得に留まらず、プログラミングの学習を通じてコンピュータを利用する問題解決の基礎となる考え方を身につける。

教育方法

情報演習室を用い、WEBテキストに従って講義と演習を並行して行う。1人1台のパソコンを用いるため、人数調整を行う可能性がある。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回 〜3回

コンピュータ序論

神谷

情報科学の基礎知識
パソコンの基本操作、ネットワークの利用法

4回 〜9回

オペレーティングシステムと簡単なデータ処理

神谷

Linuxのコマンド、エディターの使い方、ファイル操作、画像データの処理

10回 〜12回

プログラム言語入門

神谷

プログラム言語とアルゴリズム、ページ記述言語入門(HTML)

13回 〜15回

プログラミングの基礎

神谷

Perlによる簡単なプログラム

16回 〜17回

応用プログラム

神谷

アルゴリズムとデータ構造、モデルと数値解析法、シミュレーション

 
到達目標

コンピュータ利用の基礎知識を習得すること、プログラミングの基礎を理解し、簡単なプログラムが書けるようになること。

評価基準

毎回実施する演習課題の結果および最終レポート(自由課題によるプログラム作成)により評価する。
欠席の場合は補習課題を課す場合があり、原則として2回以上の欠席は認めない。

準備学習
(予習・復習)

原則としてコンピュータの操作経験の有無は前提としない。出席確認・課題提出などをメールで行うので大学の学生メールがパスワードの管理等含めて正しく使えること。
演習当日の課題は次回の演習が始まるまでに消化しておくこと。

その他

まじめに取り組んでもらえるならばコンピュータの得手・不得手は問題ではありません。
最終レポートは自由課題によるプログラムの作成ですが、プログラミング技術の習得状況は人によって差が大きいので、プログラムのレベルよりもどのくらい真剣に課題に取り組んだかを評価したいと考えています。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 プリント資料およびWEBテキスト
参考書 (なし)