【物理学特別実験演習】
(Exercises on advanced physics)
[物理学科 3群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:1単位 単位認定者: 米田茂隆
授業期間: 後期  30コマ 科目分担者: 物理学科全教員
授業形態: 実習 
 
授業の目的

物理学の課題への取り組みを通して物理の基礎力を確認し、科学的考察法を磨くと共に、物理学研究の広がりとこれへの取り組みを理解す
る。

教育内容

第1に、グループに分かれ、前期に行った化学物理実験・生物物理実験課題のいずれかについての考察を深め、これをまとめると共に全体発
表会において発表することにより、考察力とプレゼンテーション力を磨く。また、物理学の基礎知識の確認を行う試験を行う。第2に、各研
究室で進められている研究の紹介を行い、関心を持った物理学の研究課題について、少人数のゼミ形式で取り組み、研究への取り組み方の
基礎を学ぶ。

教育方法

前半は、グループに分かれ、前期に行った実験課題のいずれかについて、必要に応じて再実験、文献調査等を行って考察を深め、これを各
自まとめて全体発表会を行う。また、各研究室で進められている研究の紹介をオムニバス形式で行う。物理学の基礎知識の確認を行う試験
をはさみ、後半は、研究紹介を聴いて関心を持った物理学の研究課題に、少人数のゼミ形式で取り組む。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回 〜11回

実験課題の考察と報告(I)

小寺、金本、稲田、
山村

前期に行った化学物理実験、生物物理実験のなかから各自関心をもった1課題を選び、実験内容の理解と考察を深め、これについて発表会準備をします。また、これらの成果をレポートにまとめる。

12回 〜14回

実験課題の考察と報告(II)

全教員

発表会をおこないます

15回

物理学の研究展開(I)

吉國、黒田、金本、稲田

フォトニクス講座で現在すすめている研究について、研究背景も含め解説する。

16回

物理学の研究展開(II)

川﨑、中村、佐々木、今野

量子物理学講座で現在すすめている研究について、研究背景も含め解説する。

17回

物理学の研究展開(III)

小寺、猿渡、神谷、山村

物性物理学講座で現在すすめている研究について、研究背景も含め解説する。

18回

物理学の研究展開(IV)

米田、大石、渡辺

生物物理学講座で現在すすめている研究について、研究背景も含め解説する。

19回 〜20回

物理学の研究展開(V)に向けての準備

米田、川﨑、
猿渡、中村、神谷

卒業研究に備えるために物理学の基礎知識を再確認します。

21回 〜30回

物理学の研究展開(V)

全教員

各自が関心があるテーマについて、少人数にわかれゼミ形式で学ぶ。

 
到達目標

実験、解析もしくは演習にあたり、物理的考察を行う習慣を身に付ける。最先端の物理学研究がどのような広がりを持ち、どのような取り組みがなされているかを理解する。

評価基準

レポート、テスト、発表等により総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

これまで学習してきた「数学,力学、電磁気学、熱力学、物理数学、量子論、プログラミング」の復習が必要です。また、研究課題への取り組みについては、毎回、前回の実験、解析もしくは演習内容を確認、復習の上、次回に臨むこと。

その他

4年次の卒業研究への入り口としてとらえ、知的好奇心をもって積極的に課題に取り組んでほしい。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 必要に応じてプリントを配布
参考書 (なし)