【教育心理学】
 
単  位:2単位 単位認定者: 清水安夫
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者: 山蔦圭輔 坂野逸紀 藤井靖
授業形態: 講義  週1または2コマ
 
教職課程科目 教育の基礎理論に関する科目
各科目に含めることが必要な事項 ・幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程(障害のある幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む。)
 
授業の目的

将来,学校教師を目指す学生諸子が,中学校・高等学校の教育現場に身を置いた時,教師としてどのように適切な対応を求められ,対処すべきかについて,心理学における理論的背景および諸々の事例をもとに理解を進めていただく。

教育内容

本講では,同じ心理学の分野においても,専門性を異にする4名の教員が,現代の学校現場において有効だと考えられる心理学の知見を紹介する。また,学校現場における様々な問題点への対処法について,教師の立場での対応法についても解説する。

教育方法

講義を中心とする予定だが,履修者には積極的な発言や主体的な参加を求めることもある。教師の学校現場における対応方法には,明確な正答というものはないが,多くの理論的な成果を背景とした発想の展開が必要なため,主体的な参加を求める。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

ガイダンス:学校現場における心理学

清水安夫

教育心理学の学問領域と学ぶ意義について

2回

学級集団・生徒指導に関する心理学

清水安夫

学級集団や生徒の行動のマネジメントについて

3回

学校組織・教師のメンタルへルス

清水安夫

学校組織の病理と健康および危機管理について

4回

学習法(1)個の学び

山蔦圭輔

生徒個々人の学習過程について

5回

学習法(2)集団における学び 

山蔦圭輔

生徒の集団の中における様々な学習について 

6回

代表的教授法

山蔦圭輔

授業を展開する上で必要となる各種教授法について

7回

教育現場で出くわす各種問題とその理解

山蔦圭輔

児童生徒の問題行動の原因理解と対応方法について

8回

学びの基礎心理学(1)

坂野逸紀

記憶:憶えるってどういうことか

9回

学びの基礎心理学(2)

坂野逸紀

思考:考えるってどういうことか

10回

幼児・児童および生徒の学習過程(1)

坂野逸紀

学習・動機付け:何が彼らを学ばせるのか

11回

幼児・児童および生徒の学習過程(2)

坂野逸紀

測定:彼らをいかにして評価するのか

12回

障害のある幼児、児童及び生徒の心身の発達(1)

藤井 靖

学校でみられる発達障害とその理解

13回

障害のある幼児、児童及び生徒の心身の発達(2)

藤井 靖

学校でみられる不適応,精神疾患とその理解

14回

学種理論と行動分析に基づく児童生徒指導(1)

藤井 靖

学習理論の基礎

15回

学種理論と行動分析に基づく児童生徒指導(2)

藤井 靖

応用行動分析に基づく指導・支援

 
到達目標

学校現場における児童生徒の学習推進・発育発達・問題行動についての基礎知識を学習し,実際の教育過程の中で起こる事例について,心理学において蓄積された知見を活用した対応ができるような学びをする。

評価基準

出席することを基本としており,欠席は減点の対象となる。また,毎回,授業終了時に提出するリアクションペーパー,学期末試験をもとに,4名の教員が各25点満点で採点し成績評価を行う。

準備学習
(予習・復習)

各自が教師として教壇に立った時のことを想定し,「教育心理学」「学校心理学」「学校カウンセリング」「生徒指導」に関するテキストを図書館で借りて,自習を進めておくこと。また,必要な学習は各教員が授業内で案内する。

その他

本講義は,将来,教職を強く志望している学生を対象として授業を展開する。学校現場における基礎・応用の知識を学ぶことを前提として授業を展開することを理解した上で履修するようにして頂きたい。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 指定なし
参考書 授業内で各教員が参考図書を紹介する。