【理科教育法II】
 
単  位:2単位 単位認定者: 西村宗一郎
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教職課程科目 教育課程及び指導法に関する科目
各科目に含めることが必要な事項 ・各教科の指導法
 
授業の目的

理科教育法Ⅱでは,理科教育法Ⅰの学習を基礎として,理科授業の運営を行うための能力の向上をめざす。理科教育法Ⅰで行った模擬授業の経験を活かし,教育実習の現場での効果的に機能する理科授業が構築・実践できるようになることを目指す。

教育内容

理科教育法Ⅱにおいては、理科教育法Ⅰで学んだ理科教育の基本の上に、学習方法として、学習指導要領の理念を生かして、主に探究学習の手法とその実践のための具体的な知識・技術・方法等の実践的指導力を身につける。

教育方法

講義と質疑応答によって進める。模擬授業の実践も行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

オリエンテーション

西村

理科教育法Ⅰの総括復習を行い
理科教育法Ⅱに関する学習を理解する。

2回

探究学習の指導Ⅰ

西村

課題の精選 探究の過程の重視等

3回

探究学習の指導Ⅱ

西村

事例研究を理解する。    
①BSCSの教材についての研究
②AAASの探究の科学 等

4回

探究学習の指導Ⅲ

西村

授業研究 ビデオ教材による授業の考察と討論を行う。

5回

理科の授業

西村

学習指導案の作成と授業展開を理解する。

6回

理科の指導計画Ⅰ

西村

理科の授業と教材研究を学ぶ。
・理科の教育課程と年間指導計画
・観察(観測・フィールドワーク)

7回

理科の指導計画Ⅱ

西村

理科の授業と教材研究を学ぶ。
・実験(ドライラボ・演示)の指導と教材開発
・教材・教具、教育機器・情報機器の利用

8回

理科の指導計画Ⅲ

西村

理科の授業と教材研究を学ぶ。
・理科の授業と安全指導

9回

理科の指導計画Ⅳ
(物理学)

西村

理科(物理学・化学・生物学・地学各領域別授業)
学習指導案の作成と模擬授業の実践を行う。
(1)発表と指導・講評
(2)全体討論

10回

理科の指導計画Ⅴ
(化学)

西村

学習指導案の作成と模擬授業の実践を行う。
(1)発表と指導・講評
(2)全体討論

11回

理科の指導計画Ⅵ
(生物学)

西村

学習指導案の作成と模擬授業の実践を行う。
(1)発表と指導・講評
(2)全体討論

12回

理科の指導計画Ⅶ
(地学)

西村

学習指導案の作成と模擬授業の実践を行う。
(1)発表と指導・講評           
(2)全体討論

13回

理科と評価

西村

理科の評価の特徴 知識理解の評価・科学的能力、態度の評価(観点別学習状況の評価)理科授業評価ができるようにする。

14回

理科の教科経営

西村

施設・設備、教育課程の管理 理科実験室の管理と効率的活用ができるようにする。

15回

理科教育の課題と展望

西村

理科教師の指導力や教育実習への心構えを確立する。

 
到達目標

理科教育法Ⅰで学んだ基礎の上に、学習指導要領の理念を生かし、観察・実験を中心とし、課題解決の過程を重視する探究活動のための実践的な能力と技術・方法を身につける。

評価基準

1.定期試験(50%)
2.提出物、学習への意欲等の取組状況(50%)

準備学習
(予習・復習)

【予習】事前にシラバスを熟読し、理解しておく。
【復習】講義内容の復習とまとめ

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 なし
参考書 中学校学習指導要領解説 理科編  高等学校学習指導要領解説 理科編 理数編              その他の参考書・副読本等については講義の中で紹介する。 文部科学省 大日本図書   実教出版