【理科教育課程論】
 
単  位:2単位 単位認定者: 山本明利
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教職課程科目 教育課程及び指導法に関する科目
各科目に含めることが必要な事項 ・教育課程の意義及び編成の方法
・各教科の指導法
 
授業の目的

教育課程の基本や学習指導の原理を習得するとともに、理科教育の目的を見据え、実践的指導力の基礎となる理科教材の選択や開発について考察し、教師としての素地を身につけることを目標とする。

教育内容

まず、教育改革の流れを概観し、教育の今日的課題や教師の役割についての理解を深める。その上で、教育課程や学習指導の理論を学ぶ。合わせて、理科教育の目的や、それを実現するための教材の選択授業技術について、模擬授業を通じて考察することで、教師としての資質を高め、実践的指導力を身につけるようにする。

教育方法

プリントを用いて講義形式で授業を進めるが、演習やグループワーク、発表活動(模擬授業)も適宜取り入れる。
視覚的理解が必要な内容が多いので、AV機器を積極的に活用する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

はじめに

山本

授業計画、授業の進め方、学習のしかた等の解説

2回

教育の諸課題

山本

教育改革の流れと教育の今日的課題

3回

理科教育の目的と課題

山本

理科教育がめざすもの、わが国の理科教育の課題

4回

教育課程(1)

山本

教育課程の編成と学習指導要領

5回

教育課程(2)

山本

理科教育の位置づけとその教育課程

6回

学習指導計画(1)

山本

学習指導の目標、授業の設計と年間指導計画

7回

学習指導計画(2)

山本

学習指導案の作成、教材研究と授業の組み立て

8回

理科の授業の実際(1)

山本

授業研究①、模擬授業体験

9回

理科の授業の実際(2)

山本

授業研究②、模擬授業体験

10回

理科の授業の実際(3)

山本

授業研究③、模擬授業体験

11回

理科の授業の実際(4)

山本

授業研究④、模擬授業体験

12回

理科の授業の実際(5)

山本

授業研究⑤、模擬授業体験

13回

学力観と教育評価(1)

山本

評価のしかた、測定と評価

14回

学力観と教育評価(2)

山本

評価の実際と課題

15回

理科教育課程論の総括

山本

「科学的な考え方」を育むために

 
到達目標

教育の今日的課題と教師の役割について把握し、教育課程や学習指導の理論を習得する。理科教育の目標を明確にし、その実現のための基礎的知識・技術を習得する。教師を目指して意欲を高め、主体的に学習していく姿勢を身につける。

評価基準

評価は毎回の提出物および、課題レポートや発表活動により判定する。遅刻・欠席は減点、授業への積極的な参加は加点対象とする。

準備学習
(予習・復習)

前時までの授業内容を振り返り、理解した上で授業に臨むこと。
単元の区切りごとに課題レポートの提出を求めるので、学習内容を整理し、意見表明ができるようにしておくこと。

その他

遅刻・欠席が多い場合は履修・修得を認めない。教師になった自分をイメージして授業に臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 なし
参考書 三訂・若い先生のための理科教育概論 畑中 忠雄 東洋館出版社 2,376円
仮説実験授業のABC・第5版 板倉 聖宣 仮説社 1,944円
中学校学習指導要領解説・理科編(平成20年7月) 文部科学省 文部科学省のWebサイトにPDFファイルが公開されている。 無料
高等学校学習指導要領解説・理科編(平成21年7月) 文部科学省 文部科学省のWebサイトにPDFファイルが公開されている。 無料