【教育原理II】
 
単  位:2単位 単位認定者: 川井陽一
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教職課程科目 教育の基礎理論に関する科目
各科目に含めることが必要な事項 ・教育に関する社会的、制度的又は経営的事項
 
授業の目的

教育を制度的な側面、社会的な側面から考察し理解を深める。さらに学習指導要領に理解を深めた上で、実際に教育課程を作成することにより学校教育の内容に理解を深める。併せて、教育の今日的課題と教育の可能性について考察し理解を深めることにより、教育現場が求める教師としての基礎的な力を培う

教育内容

教育の法的側面、教育課程、学習指導要領を理解し、受講者各々が目指す学校像を描き目指す学校の教育課程を編成することにより、教育内容や学校づくりに理解を深める。学校経営という観点から、安全について、地域や保護者との関わりについて考察する。教育の今日的課題や学びのあり方を考察し、学校の役割、教師の役割について考える。

教育方法

レジュメを用いた講義形式を中心としながら、グループワークを取り入れ授業を展開する。新聞記事や関連の文献をできるだけ紹介し、講義のテーマを幅広く考察する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

教育の今日的課題(ゆとり教育その1)

川井

ゆとり教育の背景及びゆとり教育について考える。

2回

教育の今日的課題(ゆとり教育その2)

川井

ゆとり教育批判と脱ゆとり教育への流れについて考える。

3回

グローバル化と教育

川井

国際学力調査、国際バカロレア等から今後の教育について考える。

4回

各国の学校制度

川井

各国の学校制度を比較し、併せて今後のわが国の学校制度を考える。

5回

学びのあり方Ⅰ

川井

学習と規律について考える。

6回

学びのあり方Ⅱ

川井

協働的な学びについて考える。

7回

教育課程と学習指導要領

川井

教育課程作成に向けて、教育課程と学習指導要領に関する重要事項を知る。

8回

教育課程の作成

川井

高等学校を例に、目指す学校像を踏まえ、教育課程を作成する。

9回

教育課程の発表

川井

作成した教育課程を発表する。

10回

支援を要する生徒と教育

川井

特別支援教育、支援を要する生徒への対応について考える。

11回

教育と法

川井

教育と法、学校運営と法、教師と法について考える。

12回

学校経営の観点から(学校と安全)

川井

安全教育、安全管理等、学校と安全について考える。

13回

学校経営の観点から(地域との連携)

川井

地域との連携、学校づくりと地域との関わりについて考える。

14回

学校経営の観点から(保護者との対応)

川井

保護者の要望への対応、望ましい保護者との関係づくりについて考える。

15回

学習のまとめ

川井

これまでの学習の総まとめを行う。

 
到達目標

教育課程や学習指導要領を理解し、教育課程のモデルを作成することができる。学校経営の視点から学校をとらえることができる。教育の今日的課題に理解を深め、その課題に主体的に関わることができる。それらを通して、教育現場が求めている教師としての基礎的な力を培う。

評価基準

定期試験、提出物、毎回の振り返りペーパーを含む授業への取り組み状況を総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

予習として、配布資料等を事前に読んでおくこと。復習として、毎回授業内容をまとめておくこと。

その他

教育について教師について深く考え、併せて教育の可能性について考えていきたい。授業への主体的な参加を期待する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 なし。レジュメを配布する。
参考書 高等学校学習指導要領 文部科学省 東山書房 605円