【教育実習講義】
 
単  位:1単位 単位認定者: 西村宗一郎
授業期間: 集中  15コマ 科目分担者: 渡辺克己 山本明利
授業形態: 講義 
 
教職課程科目 教育実習
各科目に含めることが必要な事項
 
授業の目的

教職課程履修の総仕上げである教育実習の目標が十分に達成できるように、教職課程で学んだ各種の教育理論を実際に教育現場で実践できるよう補完する。

教育内容

(1)事前講義
  この講義は、今まで教職課程で学習した教職理論に触れながら、学生が一教師として教育活動に参加する基本的な心構えと、生徒指導・教科指導の実践に即した指導方法を身につけることに重点を置いている。
(2)事後講義
  教育実習での貴重な体験をそれぞれに振り返り、その成果(成功や失敗)を全体のものとするのがこの講義である。各自の発表やアンケートに加え、教職そのものを改めて考える機会とする。

教育方法

・講義形式による教育実習に関する総括的な話
・学生による模擬授業の実施とその講評
・実習での体験をもとにした発表とその講評

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

教育実習にあたって 1

渡辺

先輩の教育実習報告等から教育実習の実際について学ぶ。

2回

教育実習にあたって 2

西村
渡辺
山本

教育実習に際しての心構え、留意事項等について学ぶ。

3回

教育実習にあたって 3

渡辺

学習指導計画の立て方、学習指導案の作り方について確認する。

4回

模擬授業の実施 1

西村
渡辺
山本

物理分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

5回

模擬授業の実施 2

西村
渡辺
山本

物理分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

6回

教育実習にあたって 4

渡辺

授業展開時の留意点について確認する。

7回

模擬授業の実施 3

西村
渡辺
山本

化学分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

8回

模擬授業の実施 4

西村
渡辺
山本

化学分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

9回

教育実習にあたって 5

渡辺

理科実験指導法・事故防止上の留意点について確認する。

10回

模擬授業の実施 5

西村
渡辺
山本

生物分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

11回

模擬授業の実施 6

西村
渡辺
山本

生物分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

12回

教育実習にあたって 6

渡辺

生徒指導上の留意点について確認する。

13回

模擬授業の実施 7

西村
渡辺
山本

地学分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

14回

模擬授業の実施 8

西村
渡辺
山本

地学分野の模擬授業を行い、授業内容の検討・評価・講評を行う。

15回

教育実習報告

西村

教育実習レポートに基づく体験発表を行う。

 
到達目標

学校教育、特に、生徒指導や教科指導のあるべき姿についての理解を深め、実践的指導力をつける。また、この実習体験が教育愛や教員としての使命感の新たな芽生えになることを期待する。

評価基準

授業毎の提出物、小論文、授業への取組み状況等を総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

・模擬授業に際しては、十分な教材研究を行い、綿密な学習指導案を作成して臨むこと。
・教育実習後に、教育実習報告を提出する。

その他

教職を目指す者としてふさわしい姿勢と態度で授業に臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 なし
参考書 なし