【量子物理学輪講Ⅱ】
(Quantum Physics)
 
単  位:6単位 単位認定者: 川﨑健夫
授業時期: 3年通年 科目分担者: 中村厚 佐々木伸 今野智之
授業形態: 演習
 
授業の目的

関連分野の文献の精読と研究成果の発表・討論をとおして、考察を深め、自身の研究課題の深化と展開に役立てる。

教育内容

関連分野の文献を精読し、正しく理解して理論的展開や実験方法などの知識を深め、これを自己のテーマへ還元させる力を養う。

教育方法

関連分野の文献または書籍を選び、精読して自己の研究テーマとの関わりに留意しながらその内容をまとめ、これに基づき相互討論を行い、理解を確認するとともに、自己のテーマとの関わりを明確化する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

川﨑健夫
中村 厚
佐々木伸
今野智之

量子場の理論及びそれに関連した内外の文献を精読する。素粒子物理、宇宙物理、ゲージ理論、可積分系などへの応用を分析・評価し、学生自身の研究課題の展開に役立たせる。

 
到達目標

関連分野の学術論文を正しく理解し、自己の研究に生かすことができるようになる。

評価基準

関連分野の学術論文の理解、研究成果の発表能力と討論への積極的な参加、これらを通した考察の深化などを総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

担当する学術論文を精読し、自己のテーマとの関わりを踏まえて内容をまとめ、討論に備えたスライド、配布物などを準備する。また、輪講の結果を踏まえて、自己の研究テーマの展開方法や考察を改善、深化する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)