【量子物理学特別研究Ⅱ】
(Quantum Physics)
 
単  位:24単位 単位認定者: 川﨑健夫
授業時期: 3年通年 科目分担者: 中村厚 佐々木伸 今野智之
授業形態: 実験
 
授業の目的

専攻で学んだ高度な研究方法を駆使し、専攻分野に関する自身の研究課題の成果を博士論文にまとめる。

教育内容

分子科学に関する基礎的研究として、素粒子物理・宇宙物理・数理物理に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を遂行し、相互討論を通じて理解を深化し、学術雑誌への投稿論文および博士論文にまとめる。

教育方法

素粒子物理・宇宙物理・数理物理における課題に対し、高度な研究技法を駆使して研究を遂行し、その成果を考察し、査読がある学術雑誌に論文として投稿すると共に博士論文にまとめ、発表する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

川﨑健夫
中村 厚
佐々木伸
今野智之

量子物理学に関する素粒子物理・宇宙物理・数理物理に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

 
到達目標

専攻分野にかかわる研究課題を設定出来るようになる。また、高度な研究方法を駆使してこの課題に取り組み、その成果を多面的に検討し、まとめる力を身に付ける。

評価基準

1. 高度な研究技法の習得、各自の特別研究課題への取り組み、その成果としての博士論文及び、論文発表会における発表内容を総合的に評価する。
2. 研究成果として、専門誌に誌上発表された英文論文を評価する。

準備学習
(予習・復習)

研究の遂行に関して、最新の理論および実験について、論文などを参照して必要な情報を収集し、自身の研究の進捗および今後の計画について検討を行う。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)