【分子構築学特別研究Ⅱ】
(Molecular Synthesis and Catalysis)
 
単  位:24単位 単位認定者: 弓削秀隆
授業時期: 3年通年 科目分担者: 梶山和政 吉田純 神谷昌宏
授業形態: 実験
 
授業の目的

専攻で学んだ高度な研究方法を駆使し、専攻分野に関する学生自身の研究課題の成果を博士論文にまとめる。

教育内容

化合物合成法と物質の機能評価法に関する新しい成果および知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を遂行、討論を通じて理解を深化し、学術雑誌への投稿論文および博士論文としてまとめる。

教育方法

物質の機能評価と新規化合物合成についての高度な実験技術を駆使して、一連の新規機能性分子の合成、手法開拓または分子の構造機能相関を解明し、査読のある学術雑誌に原著論文として投稿するとともに、博士論文にまとめて発表する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

弓削秀隆
梶山和政
吉田 純
神谷昌宏

典型元素化合物・遷移元素化合物・分子集合体の合成・構造及び機能相関に関する新しい発見と知見を探求し、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

 
到達目標

専攻分野に関わる研究課題を設定できるようになること。また、高度な研究方法を駆使して課題に取り組み、その成果を多面的に検討し、まとめる力を身に付ける。

評価基準

1. 高度な研究技法の習得、各自の特別研究課題への取り組み、その成果としての博士論文及び、論文発表会における発表内容を総合的に評価する。
2. 研究成果として、専門誌に誌上発表された英文論文を評価する。

準備学習
(予習・復習)

研究の遂行に用いる最新の実験および物質展開、解析技術について、論文などを参照して、その長所・短所を理解する。また、得られた結果を考察に基づき、次の具体的実験、物質展開、解析の計画を立案する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)