【遺伝子機能発現学輪講Ⅱ】
(Cell Signaling and Gene Expression)
 
単  位:6単位 単位認定者: 高松信彦
授業時期: 3年通年 科目分担者: 岡本康司 伊藤道彦 田村啓 塚本大輔
授業形態: 演習
 
授業の目的

関連分野の文献の精読と研究成果の発表・討論を通して、自身の研究課題の深化と展開に役立てる。

教育内容

関連分野の文献を精読し、研究方法や解析方法などの知識を深め、これを自身のテーマへ還元させる力を養う。

教育方法

関連分野の文献を選び、精読して、自身の研究テーマとの関わりに留意しながらその内容をまとめ、これに基づき相互討論を行い、理解を確認するとともに、自身のテーマとの関わりを明確にする。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

高松 信彦
岡本 康司
伊藤 道彦
田村  啓
塚本 大輔

遺伝子の機能・発現調節及び細胞内シグナル伝達機構に関連した国内外の文献を精読し、その研究方法やデータを分析・評価し、学生自身の研究課題の展開に役立てる。

 
到達目標

関連分野の学術論文を正しく理解し、自身の研究に生かすことができるようになる。

評価基準

関連分野の学術論文の理解、研究成果の発表能力、課題設定能力や討論への参加に対する積極性などを総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

担当する学術論文を精読し、自身のテーマとの関わりを踏まえて内容をまとめ、討論に備えたスライド、配布物などを準備する。また、輪講の結果を踏まえて、自己の研究テーマの展開方法や考察を深化させる。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)