【細胞機能制御学特別研究Ⅱ】
(Molecular Cell Biology)
 
単  位:24単位 単位認定者: 太田安隆
授業時期: 3年通年 科目分担者: 斉藤康二 堤弘次
授業形態: 実験
 
授業の目的

専攻で学んだ高度な研究方法を駆使し、専攻分野に関する学生自身の研究課題の成果を博士論文にまとめる。

教育内容

細胞生物学に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を学術雑誌への投稿論文および博士論文にまとめる。

教育方法

動物細胞の接着、移動、極性形成の分子メカニズム、アクチン系細胞骨格の制御機構、低分子量GTP結合タンパク質のシグナル伝達などに関連した研究技法を駆使して、実験、解析を行い、その成果を考察し、査読がある学術雑誌に論文として投稿すると共に博士論文にまとめ、発表する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

太田 安隆
斉藤 康二
堤  弘次

細胞生物学に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。研究テーマは、1)動物細胞の接着、移動、極性形成の分子メカニズム、2)アクチン系細胞骨格の制御機構、3)低分子量GTP結合タンパク質のシグナル伝達、などである。

 
到達目標

専攻分野にかかわる研究課題を設定出来るようになる。また、高度な研究方法を駆使してこの課題に取り組み、その成果を多面的に検討し、まとめる力を身に付ける。

評価基準

1. 高度な研究技法の習得、各自の特別研究課題への取り組み、その成果としての博士論文及び、論文発表会における発表内容を総合的に評価する。
2. 研究成果として、専門誌に誌上発表された英文論文を評価する。

準備学習
(予習・復習)

研究の遂行に用いる最新の実験および解析技術について、論文などを参照してその長所、短所を理解する。また、得られた結果を考察に基づき、次の実験、解析の計画を立案する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)