【生理学・薬理学】
(Physiology & Pharmacology)
[生物科学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 片桐晃子
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 錦見昭彦
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

人体を構成する各要素(細胞、組織、器官)の機能と、その調節のしくみを理解すること。

教育内容

健康や病気を理解するためには、ヒトのからだが生きていくためにどのような営みをしているのかを学ぶ必要がある。生体の構造と機能について、わかりやすく解説する。

教育方法

プロジェクターを用いた講義が中心であり、講義内容を印刷し、毎回配布する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

栄養と代謝

服部

3大栄養素とその代謝について理解する。

2回

消化器系

服部

消化器系の基本構造と消化器官の働きについて理解する。

3回

呼吸の生理

服部

呼吸についての基本的な理解を学び、血液の酸素運搬について理解する

4回

尿の生成と排出

服部

尿生成における腎臓の働きを中心に理解する。

5回

体液とその調節

服部

体液の成分と働きについて理解する。

6回

体温とその調節

服部

体温調節の仕組みについて理解する。

7回

内分泌系の機能

片桐

ペプチド性ホルモンの種類、その産生臓器、生理作用
および分泌調節機構を理解する。

8回

オータコイド

片桐

エイコサノイド及び活性アミンの生理作用について理解する。

9回

骨代謝と疾患

片桐

骨の構造、形成と成長、改造、カルシウム代謝とその異常について理解する。

10回

生殖機能

錦見

生殖腺の分化・機能、加齢による変化について理解する。

11回

抗体医薬とは(含、歴史、必然性、等々)

山下

抗体医薬が出現して来た歴史と必要とされる理由について理解する。

12回

抗体医薬の薬理作用(中和、agonist)

山下

抗体医薬の薬理作用パターンについて、具体例を用いて理解する。

13回

抗体医薬のpharmacokinetics

山下

抗体医薬の生体内動態について理解する。

14回

抗体医薬のこれから(課題、等)

山下

抗体医薬に今後解決が求められる課題と抗体医薬の次について動向を理解する。

15回

まとめ

片桐

全体の確認と復習

 
到達目標

生体の基本的構造と機能について理解する。

評価基準

定期試験により評価する。

準備学習
(予習・復習)

自宅で学習すべき文献や教科書んあどについては、配布するプリントに記載する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 シンプル生理学第7版 貴巴富久子 南江堂 3000円
参考書